悪性リンパ腫と私 - ONE DAY –

良くある話で ~ 日々のあれこれ ~

 

令和2年 6月10

『ブログ』の励みになりますので良かったらポチっと♬⇓


悪性リンパ腫ランキング

良かったら『ブログ村』も応援宜しくお願いします⇓m(_ _)m

 

雨のはずが良いお天気☀

どうやら夜半に降り出すようですが、

雨を心待ちにしているのは私一人ではありません。。(きっと)

先日から桜島の活動が活発で、

どこもかしこも火山灰だらけ。。🌋

一回雨で高圧洗浄をかけて頂きたいのであります。。☔☔☔

直近の噴火では直径70㎝もの溶岩が

民家のすぐそばまで飛んできて、

そのとき地面に空いたクレーターは深さ2mにも。。(驚;)

 

373NEWS.com

民家に迫る桜島噴石飛散、爆弾落ちたような大穴 直径6㍍、深さ2㍍ 記者が現場を歩く

「家を直撃したら…」恐怖語る住民
(2020/06/10 10:30)

飛散したとみられる石で穴が開いた倉庫の屋根=9日、鹿児島市東桜島町

木々がなぎ倒され、直径6メートルの穴(手前)が残る噴石の落下現場=9日、鹿児島市東桜島町

砕けた石が残る噴石の落下場所=9日、鹿児島市東桜島町

 4日未明に桜島の南岳山頂火口が爆発し、大きな噴石が火口から南南西の民家の約150メートル近くまで飛散した鹿児島市東桜島町を9日、歩いた。住民は「家を直撃したらひとたまりもなかった」と恐怖心を語り、「備えを徹底したい」と気を引き締めた。

続きはソース

洒落を言ってる場合でも無いのですがね。。(;´・ω・)

取り敢えずは民家に大きな被害が無くてほっとしました;

 

さて今日は私と同じ食品業界から、

創業がいつからか?で同業間裁判になったお話。

時事続きですみません。。(私が健康だという事です💦)

 

皆様一度は食べた事があるだろう京都銘菓『八ッ橋』

三角の形の『生八ッ橋』のイメージが強い方もいるかもしれませんが、

本来はニッキ風味の焼き菓子の方ですね。

記事の中にもあるように、

確かに琴の形をしていてそれっぽくは見えますが、

実際に裁判にまでなってしまって残念ですが、

お菓子そのものに優劣が付くようなことかなとも思います。

 

「八ツ橋」創業年訴訟 「聖護院」に損害賠償求めた「井筒」敗訴 京都地裁判決

配信

毎日新聞

井筒八ツ橋本舗の祇園本店=京都市東山区で2020年6月9日午後7時7分、中島怜子撮影

 京都銘菓・八ツ橋の大手「聖護院八ツ橋総本店」(京都市左京区)が元禄2(1689)年創業とうたうのは虚偽だとして、ライバル店の老舗「井筒八ツ橋本舗」(同市東山区)が、創業年などの表示中止と600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(久留島群一裁判長)は10日、請求を棄却した。

 訴状などによると、「聖護院」は商品の説明書きやホームページで、八ツ橋の誕生は元禄2年で、江戸時代の箏曲の祖・八橋検校(けんぎょう)にちなみ、琴に似せた菓子が寺院の聖護院周辺で売られていたと記載。同社は320年以上、八ツ橋を製造し続けているとし、包装などには「創業元禄二年」「since1689」と表示している。

これに対し、「井筒」は文献に記録がないことから「元禄年間に八ツ橋という菓子は存在していなかったと考えられる」と主張。八ツ橋がいつ誰により創作され、八ツ橋と名付けられたかは明確な定説がなく、創業年の表記は品質を誤認させる違法な表示で、同業者の信用を損なったと訴えていた。【添島香苗】

ソース

https://news.yahoo.co.jp/articles/77b19e5eef2c0c6308aed0ca1683b485d208806f

 

実は類は違えど似たケースと言うか、

業界内では同業間で裁判になったりするケースは珍しくありません。

巷でも良くある『本家』と『元祖』の争いとか、

うちの商品を模倣して製造または販売しただとか。

商標がらみもありますが、

これは調査せずに作ったほうが悪いので論外です。

 

我が社ですらそんなケースはありますからね。。(汗;)

うちの会社は模倣された方ですが、

取り敢えず裁判まではしていません。

地元繁華街の焼き鳥店(本家と元祖で屋号は同じ)でもありますし、

福岡のラーメン店でもありますね。。(長浜の有名どころ)

 

本題から外れましたが、

記事のケースは始業時代の特定と名前の由来なので、

私が述べた例とは違います。

あたかも『うちが本家で最初に始めた』的な看板が、

競合店の勘に障ったのでしょうか?

よくあると言えばよくある話でもあります。。(;´・ω・)

 

確かに八ッ橋ほど有名なお菓子になると、

その商品名だけでお店がイメージされることは良くある話。

でもその逆だってありますからね。

固有名詞は出せませんが、

本家が衰退して真似たところが生き残ったという事も。。

いずれにしても京都を代表する銘菓ですので、

伝統のイメージを大切にしてほしいですね。

 

今日は軽めに『お蕎麦と助六』

普通はこれで十分か(笑)


最後まで読んでいただき有難うございますm(_ _)mブログランキング参加中です(^_-)-☆コメントは最下段よりお願いします。。m(_ _)m

私のブログは『悪性リンパ腫/がん・腫瘍』人気ブログランキング
からも入れます⇩⇩⇩⇩⇩

PVアクセスランキング にほんブログ村

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です