映画のような逃走劇 ~ 日々のあれこれ ~

 

令和2年 1月3日

ブログ村も登録しましたので良かったらポチっと♬⇓

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村


悪性リンパ腫ランキング


 

明けましておめでとうございます🎍

3日にして今年の初更新となりましたが、

実家に帰省したり、ダラダラお正月気分を満喫している間に、

あっという間の三が日が終わってしまいそうです。。(汗;)

そもそもお正月は寝正月が一番と考えておりますので、

それはそれで私個人は良いお正月という事で、

今年も一年何事も無く健やかに過ごしたいと思います。(叶えば。。;;;)

 

さて。。

『He is gone.』 彼はもういない

『He has already gone.』彼はもういない

 

その彼はどっちの『gone』???

 

英語は全く得意でない私が(シャレ)ている場合ではないですが、

この二つの違いをググると、

戻って来るか?来ないか?と言う部分で違うという事です。

令和元年も終わりを迎える頃、

まるで映画の逃走劇のようなニュースが舞い込んでまりました。

 

日産の元CEO、コストカッターでの日産再建で名声高いカルロスゴーン氏が、

日本での法の裁きを受けることなく、

保釈条件を無視して国外に退去したという事です。

 

レバノンがゴーン被告の疑惑捜査する方針、引き渡し拒否へ-暫定法相

Bloomberg 1/3(金) 2:03配信

ブルームバーグ): レバノンのセルハン暫定法相は、日本が日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告の身柄引き渡しを求めても、同被告の不正疑惑はレバノン当局が捜査することになるとの考えを示した。

退任予定のセルハン暫定法相はインタビューで、ゴーン被告の身柄引き渡しという日本の要求は拒絶されるだろうとし、この問題はレバノンの司法に委ねられることになると述べた。日本とレバノンの間では逃亡犯罪人の引き渡し条約が結ばれていない。

ゴーン被告はレバノンで多くの国民から依然として国民的英雄と見なされている。裁判が同国で行われることになれば、被告にとっては事態が好転する可能性がある。弁護団が保管しているものの、ゴーン被告はレバノンとフランス、ブラジルのパスポートを持っており、レバノンでは郵便切手の肖像画になった。2018年11月に都内で逮捕されて間もなく、ベイルート市内の広告板には「われわれは皆、カルロス・ゴーンだ」の言葉が掲げられた。

続きはソースで

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-84621801-bloom_st-bus_all

 

今更みなさんご存知の話題なんでしょうが、

これってホントに実話?と言った感じで驚いています。

本人からの声明が発表されて以降、

トルコでは脱出に関与したという疑いでパイロット他7名が拘束され、

日本の法務省からの要請でしょうか?

国際刑事警察機構、所謂インターポールからの国際手配と言った流れとなっております。

 

皆さんカルロスゴーン氏をどう思いますか?

経営手腕としてはご存知の通りなのですが、

日産の業績回復に関して功績は誰もが認めるところで、

もっと真っ当な方法で報酬なり受けるようにできなかったのでしょうか?

当時そう言う立場にあったと思いますし。

残念ながら彼のやった行為は私達のような一般人からすれば、

会社の資産を思いのまま融通して私物化した以外の何物でもない気がしますが、

今回国外にまんまと脱出してしまった事で、

政治を巻き込んだ国際的大事件へと様相を変えてしまいました。

 

自ら『無罪請負人』と自負(ご自身が書籍を出版しています)する、

担当弁護士を含めた弁護団も立場は難しいものになりました。

 

所持していたとされる三カ国(フランス・ブラジル・レバノン)の旅券を預かっている他、

旅券不携帯は違法と言う理由で地裁と協議してフランス発行の旅券一冊は鍵付きケースに保管し、

鍵だけ預かっていたことを失念していたという理由もどうも眉唾です。

その前にフランスの旅券二冊の内の一冊ってどうなんです??

 

私には難しいことは分かりませんが、

兎に角この事件は保釈を認めた裁判所、弁護士団にとって国民からの信用を揺るがす大問題。

私は知らなかったでは済まされないと思います。

 

お正月早々硬い記事になりましたが、

後に映画化されるんじゃないのとの声もチラホラ聞こえるこの事件。

結末は如何に?

 

彼は戻ってくるのか?

それとももう戻ってはこないのか?

 

初日の出は友人から。。(汗;)

私はおせちのノルマがやっと消化できました。。(*_*;

明日から仕事始め!

今年も頑張るぞー!!!



最後まで読んでいただき有難うございますm(_ _)m

ブログランキング参加中です(^_-)-☆

コメントは最下段よりお願いします。。m(_ _)m

私のブログは『悪性リンパ腫/がん・腫瘍』人気ブログランキング
からも入れます⇩⇩⇩⇩⇩

 

闘病記録を要約した『break time』病気発覚からの時系列はこちらから⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

break time 2017年6月まで ~ 精巣腫瘍原発悪性リンパ腫闘病記-16 ~

break time Ⅱ 2017年6月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-59 ~

break time Ⅲ 2017年7月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-110 ~

break time Ⅳ 2017年8月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-189 ~

break timeⅤ 2017年9月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-243 ~

break timeⅥ 2017年10月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-330 ~

break timeⅦ 2017年11月まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-385 ~

break timeⅧ 2017年12月まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-448 ~


Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です