完全寛解を目指す ~ 悪性リンパ腫とその後-52 ~

 

ブログランキングに参加中です(^_-)-☆

治療の励みになっておりますので、もし良かったら

ブログ記事下段タグよりよりポチッとお願い致しますm(__)m




5月8日 PM

 

最近に始まった事では無いが、どうも本調子には程遠い状況が続くのでどうしたものかと

憂慮している。。(;´・ω・)

はっきり言って良くはなってきているのだが、あまりにゆっくり過ぎてどのレベルまで回復

すれば良しとするのか図りかねております。。(´・ω・`)

寝起きの倦怠感だったり、昨日の様にふとしたことで発熱したり、歩くのが不安定だったり、

数えればキリが無いが、風邪を引いた時のような『治った!』の実感がないためにこんな調子

なのでしょう。。

前向きには考えたいが、周りは無理するなと言うし、そうかと言ってちょっと動くと疲れやすい

ので始末が悪い。。

最後の放射線からもう3か月。。いい加減にこの気怠さはどうにかならんものか。。(´・ω・`)

 

All Aboutさんのサイトから引用

悪性リンパ腫の治療目的は「完全寛解(かんぜんかんかい)」

一般的ながんの場合、治療の目標は腫瘍がある部分の完全切除。早期発見・早期治療で腫瘍が小さいうちにしっかりと切除する、「絶対的治癒切除」を目指します。

悪性リンパ腫の場合は切除という選択肢がなく、最初に発見された状態ですでに体の一部だけに留まっている状態ではないため、通常のがんと同じ治療目標を持つことはできません。悪性リンパ腫の治療では、抗がん剤や放射線治療、造血幹細胞移植など様々な治療によって、体の中から悪性細胞をなくしてしまうことを最終目的とします。

がんの色々な症状や血液検査数値の乱れ、CTなどの画像診断の異常が収まることを「寛解(かんかい)」と呼びますが、悪性リンパ腫治療で目指すのは寛解状態に入ったあと、再発がない状態がずっと続く、「完全寛解」という状態です

 

今の私は取り敢えずの『寛解状態』にはなるのだろう。。(´・ω・`)

私の場合はイレギュラーで手術はしたものの、そのことすら忘れてしまうくらい傷が痛むとか

後遺症もないのが幸いで、可能な限りこの状態を維持していきたい。。

ただ贅沢な話、もう少しQOLが上がらないと流石の私でも気が滅入る事が多くなった。。

流石多分仕事をバリバリこなすようになればそれも無くなるんだろうが。。(;´・ω・)

以前の様に出張で飛び回りたい気持ちはあれど、なかなか道は険しいですな。。

 

珍しく少し愚痴を言ってみました。。m(_ _)m

みーたんはナイロン製袋のカシャカシャする音が大好きで、

食べないのでそのまま放置していますが、

しょっちゅう口いっぱいにくわえて遊んでおります。。(笑)

君は能天気でいいねえ。。(^^;

 




最後まで読んでいただき有難うございますm(_ _)m

ブログランキング参加中です(^_-)-☆

私と家族、特に娘達の『夢』の為にポチッとお願い致します!

私のブログは『悪性リンパ腫/がん・腫瘍』人気ブログランキング
からも入れます⇩⇩⇩⇩⇩
『いいね・コメント』もアメーバブログからお願いしますm(_ _)m


悪性リンパ腫ランキング


がん・腫瘍ランキング

アメーバブログはコチラ⇩⇩⇩⇩⇩

https://ameblo.jp/syochu365

病気発覚からの時系列はこちらへ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

break time 2017年6月まで ~ 精巣腫瘍原発悪性リンパ腫闘病記-16 ~

break time Ⅱ 2017年6月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-59 ~

break time Ⅲ 2017年7月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-110 ~

break time Ⅳ 2017年8月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-189 ~

break timeⅤ 2017年9月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-243 ~

break timeⅥ 2017年10月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-330 ~

break timeⅦ 2017年11月まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-385 ~

break timeⅧ 2017年12月まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-448 ~


 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

2件のコメント

  1. 今晩は、シュウさん。
    中々、体調が優れない様子、早く体調が回復されん事を願っております。
    当方は、本日、4回目のR-CHOP療法点滴が終了しました。前回は、不整脈、3週間の下痢、2週間の
    微熱。散々な副作用で、治療に対して、少しナーバスになってしまいました。
    でも、不思議と、4回目の治療当日は、発熱も下痢もなく。予定通り行えました。ただ、髄注は3回で終了との事でした。(回数にエビデンスがあるのかな?脳への転移少し不安です。)
    前回、副作用が多かった事から、今回は外来でのフォロー回数を増やすそうです。
    次回(6月上旬)は、5回目のR-CHOP療法実施時に自家移植に向けて、造血幹細胞の採取の為、入院となります。
    何とか、順調に治療が進み、年内に終了出来る事を目標(願望)にしています。
    シュウさんの、お気持ちは痛いほど、分かりますが、焦らず、侮らずの中、一日でも早期に体力が回復されん事を願っております。
    今回からは、ニックネームのエイタロウを使用させて頂きます。
    また、現状報告させて頂きます。

    1. おはようございます!
      今日からは『エイタロウ』さんと言う事で。。(^^)/

      今回4クール目は副作用が少なかったご様子良かったです!
      次回は造血幹細胞採取ですか。。予定通りうまく行く様にお祈りしております。

      髄注はどうなんでしょうね。。
      医師の判断なのかどうか分かりませんが、私は8回、確かゴルバチョフさんのご主人も6回だったような気もします。。
      また聞いてみますが、脳転移が一番怖いですからね。。
      そう言えば、もう一人だけご主人様が精巣原発DLBCLの方を知っているのですが、寛解2年後首に再発して以降、
      ブログの更新が無いので様子が分かりません。。
      ご本人ではないのでお忙しいのか、更新どころではないのかだとは思いますが。。気になりますね。。

      いずれにしても、エイタロウさんの治療が年内で終了し、無事復帰されることをお祈りしております!

      今日はこれから久しぶりに会社に行ってきますね(^^)/

      シュウより

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です