診察結果での期待と暗雲 ~ 悪性リンパ腫とその後-35 ~

 

ブログランキングに参加中です(^_-)-☆

治療の励みになっておりますので、もし良かったら

ブログ記事下段タグよりよりポチッとお願い致しますm(__)m




4月27日 PM

 

娘を送り届けてから病院へ。。🚗

今日はGW前最後の平日と言う事もあり、

9時半には着いたのだが、その後予想通り待機時間が長い。。(´・ω・`)

これまでなら採血は着順でスムーズだったが、移転先の本院では看護師の数が少ないのか、

しばらく待った後に確認した時点でも10名程が待っていた。。結局採血だけで30分。。

その時測った体温37.1度。。

そこから更に待つ事2時間余り。。(;´Д`) 結局診察に入ったのはお昼12時が回っていた。。

前の分院より病床数は少ないのに、結局待ち時間は変わらない。。(´・ω・`)

 

 

白血球は前回(2830)と同程度、赤血球、HBも微減だがほぼ同じ数値だ。。

が、結論から言えば、基本的な数値から言えば異常値まではいかないまでも、

LDHとALP(アルカリフォスファターゼ)が同時に上昇しているのが気がかりとの事。。

参考文献より

http://himeji.jrc.or.jp/category/diagnosis/naika/pdf/2015/20151119.pdf#search=%27%E6%82%AA%E6%80%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E8%85%AB++ALP%E9%AB%98%E3%81%84%27

3.非ホジキンリンパ腫における肝機能異常  血清 ALP の軽度から中等度の上昇などの肝機能検査と,肝腫大が 見られることがある.血清 LDH の上昇は多くの場合,リンパ腫細胞 の量が多く,肝臓に広範に浸潤していることを反映し,さらに免疫 性溶血性貧血も示唆するため,予後不良な指標である. 

 

私の場合、これまで肝機能は常時正常だった。。

一時期GOT、GPTの上昇があったが、これはR-CHOPと髄注の連続投与によるもので、

治療サイクルを変更した時点で数値が上がる事もこれまでは無かったのだ。。

T先生曰く、骨の異常でもALPは異常値になるが、主に骨折や骨肉腫で骨が新生されるときに

上昇するらしい。。

今日の所その他肝機能の数値に異常は無いので、とりあえず要観察になった。。

 

それと、以前から訴えている首の痛みについてT先生の見解は、

今現在しこりや表面上の異常は見られないが、抗がん剤治療の後、1/3程度の患者さんに

『帯状疱疹』の発症が見られるときの症状には似ていると言う。。

皮膚の発疹や痺れ等が出たら気を付けておいてくださいと言う事だ。。

というか、痺れは既にあるんですが。。(;´・ω・)

 

まあ致し方ない。。

今の時点では発疹も無ければしこりも気が付かない。。

あまりあーバスになっても行けないが、気を抜いても行けない。。

悪性リンパ腫は予後しつこいので厄介だ。。(;´・ω・)

 

お昼はたまに行く中華食堂にて『担々麺』

まずまず美味しかったが、次回は五目焼きそばだな。。(笑)

 

短期間の診察で一喜一憂しても仕方が無いのだが、この半年一年は特に要注意。。

少しの異常でも自分で見つけなければ致命的になる。。

折角授かったセカンドチャンス、自分の不注意で無駄にしてはいけない。。(´・ω・`)

最近は私の座椅子の背もたれがお気に💛です。。(^^)/

 

明日からGW突入ですね。。

天気はまだ見ていませんが、今年は暖かく行楽には打ってつけではないでしょうか?

朝鮮半島の南北会談等のニュースも騒がしいけど、GWくらいは息抜きしましょう。。(´・ω・`)

ではまた明日。。(^^)/

 




最後まで読んでいただき有難うございますm(_ _)m

ブログランキング参加中です(^_-)-☆

私と家族、特に娘達の『夢』の為にポチッとお願い致します!

私のブログは『悪性リンパ腫/がん・腫瘍』人気ブログランキング
からも入れます⇩⇩⇩⇩⇩
『いいね・コメント』もアメーバブログからお願いしますm(_ _)m


悪性リンパ腫ランキング


がん・腫瘍ランキング

アメーバブログはコチラ⇩⇩⇩⇩⇩

https://ameblo.jp/syochu365

病気発覚からの時系列はこちらへ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

break time 2017年6月まで ~ 精巣腫瘍原発悪性リンパ腫闘病記-16 ~

break time Ⅱ 2017年6月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-59 ~

break time Ⅲ 2017年7月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-110 ~

break time Ⅳ 2017年8月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-189 ~

break timeⅤ 2017年9月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-243 ~

break timeⅥ 2017年10月末まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-330 ~

break timeⅦ 2017年11月まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-385 ~

break timeⅧ 2017年12月まで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-448 ~


 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

2件のコメント

  1. 今晩は、シュウさん。
    検査結果がとても気になりますね。お気持ちお察し致します。細心の注意を払っていくのは、当然として、でも、お互い余り悪く考えるのはやめましょう。(自分自身にも言って聞かせています。)それから、首の痛みが早く取れるといいのですが。首の痛みが続くと堪りませんから。私も別の病気で経験済みですから。
    当方、3クール目の点滴が終了してから、本日で16日目になりますが、未だに下痢・発熱が継続しています。念の為、検便で検査中です。
    倦怠感に始まり、心房細動、下痢と発熱、軽度の味覚障害、軽度の赤血球減少と色々な事が出てきました。
    でも、シュウさんの経験を聞かせて頂いているので、ある程度の予測の中で、治療が受けられるのがとても心強く思います。
    連休明け、7日から4クール目が始まります。また、頑張って行きます。
    また、報告させて頂きます。
    大和より

    1. 大和さん
      おはようございます!
      その後どうだっただろうかと心配しておりましたが、あまり好調とは言えないようですね。。
      私の昨夏3クール後を思い出しお察ししております。。
      治療中盤が先が見えず一番しんどい思いをしましたから尚更です;
      輸血を避けていたせいで貧血は終盤まで続きましたが、4クールから6クールが体調的には一番優れなかったです。
      終盤になるとカウントダウンを始めるせいか比較的気合で乗り切れるものですよ(^^;
      先日ブロ友も貧血を押して外出したら、途中具合が悪くなり嘔吐してしまったそうです。。
      その彼も結局輸血したようですが、Hbは9台だったかと。。
      私は体力自慢でもありましたのでHb5.8になるまで輸血はしませんでしたが、これにも個人差があるみたいですね。
      きつい時には輸血した方が貧血は回復が早いようです!あっという間にふらつきが無くなりますよ(笑)
      下痢と熱は厄介ですね。。
      先日亡くなったブロ友はサイトメガロウイルス感染症がなかなか発見できずに熱に往生していました;
      でも大丈夫ですよ!
      私の主治医は堀ノ内さんは副作用の出方が非常に顕著です!その分薬が効きやすい体質と言う事でもありますと!
      副作用はきつかったですが、治療3クールでほぼ腫瘍が死滅していましたので納得しました(^^;
      きっと大和さんも抗がん剤が効きやすい体質なのだと思います。
      私の友人の義弟も余命2か月まで宣告された末期癌でしたが、抗がん剤がピッタリ合ったみたいでもう2年になり、
      復職してバリバリ仕事してますから、抗がん剤の相性は大事ですね!

      私事、ご心配ありがとうございます。
      首は相変わらずですが、動作がロボットみたいになって困ります;
      LDHが発病から今日まで200以上になった事が無いので昨日は少し?でした。。
      次回の検査でさらに上がるようだとCT検査を早目ましょうとの事でしたが、
      大和さんのアドバイスに従いあまり悪く考えない事にします。。(^^;

      7日と言えばもうすぐ先ですが、早く復調する様にお祈りしております!
      4クール目頑張りましょう!!

      堀ノ内でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です