幸せの種が芽吹くまで ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-219 ~

いつもたくさんのアクセス有難うございます。。

治療の励みになっておりますので良かったらポチッとお願いしますm(_ _ )m

 

がん・腫瘍ランキング0


悪性リンパ腫ランキング」

 

私の闘病履歴は一番下まで↓

 

 

 

今日は長女とお留守番;

家内は平時、次女は早番、三女は遅番のバラバラ出勤だ!

お昼は一緒に近所の中華料理屋鹿児島王将へ。。(^_^;)

 

 

地元おなじみ具だくさんの天津飯にレバニラ&餃子」

娘とシェアして食べたf^_^;

 

またかと思う方もいるかもしれないが、鹿児島王将は当然地元しかないので、娘のリクエストでもあったのだ。。

今夜は家内の手料理が食べたいらしい。。o(^▽^)o

何をリクエストしたんだろう。。?

 

 

 

 

話題はがらりと変わるが、今朝ほどブログ仲間の方の記事を見て、

11年前に前立腺癌で亡くなった父の顔を思い出していた。。

享年73歳だった。。

 

 

父が亡くなる前日、私は実兄より容体が変わったとの一報を受け病院へ駆けつけたのだが、

すでに肺炎を併発し呼吸困難に陥って苦しんでいた。

幸いにも明け方に呼吸が落ち着き、一旦は一般病棟に移れたのだが、

驚く事に普通に会話が出来る状態で、私達兄弟に『食事は摂ったのか?』と確認してから、

『大丈夫だから仕事に行って来いよ。』と気丈に振る舞って見せたのだった。

 

 

父は最後の最後に嘘をついた。。

 

 

その2時間後。。

私と次兄は亡くなった父を看取る事は出来なかった。。

 

 

青年期に人一倍父に心配をかけた私は、未だに何故あの時父の言葉を鵜呑みにして、

仕事に向かってしまったのだろうと未だ後悔の念が残っている。。

 

 

そもそも父は前立腺癌発覚時点で骨転移していたので、ホルモン療法のみに頼っての治療だったが、職人気質で頑固な父はセカンドオピニオンという周囲の勧めも断り、掛かりつけの医師に治療を一任していたのだった。。

他の医師の診断で手術の選択肢もあったのかもしれなかったとも思うが、父が亡くなった

後の事、考えても仕方のない事だ。。

 

 

私の場合、自身の判断でセカンドオピニオンを受け、事前病理検査が出来ないとの理由で

自身の判断に委ねられた精巣摘出手術を選択した。。

結果はご存知の通りだ。。

私はその1か月後には悪性リンパ腫ステージⅣの診断を受けた。。

 

 

高齢の母は幸い今も健在だ!

御年82歳となったが、元々極度の心配性でもあるので、私の正確な病状について伝えていないし、兄弟にも伝えない様にお願いしている。。

 

 

母にしてみれば、父に加えて私まで『癌』でもって行かれるのは何より辛いだろう。。

先日やはり闘病仲間のホーリーも記事↓にしていた通り、

https://ameblo.jp/117337355/entry-12311289848.html

そんな親不孝なことは無いし、またやってはいけないと思う。。

 

 

私が父の年になるのは、まだ22年も先だ。。

もうそんな贅沢を言える状況では無いのかもしれないが、少なくとも私に残された使命は、

3人の娘達に『幸せの種』をこれまで以上に蒔いてあげる事だ。。

その種が芽吹いてやがてその幸せを掴む時、可能なら私もそれを眺めていたいとも思う。。

 

 

私が病気になって以降、特に娘達は私の声に耳を傾けるようになった。。

今、帰省している長女にも私の思いや考えを伝えたばかりだ。。

 

 

私も病気をして以降、以前にも増して一日一日をより大事に過ごしている。。

最優先として先ずはこの病気を治す。。

与えられる時間は判らないが、生き延びて以降やることはほぼ全て決まっている。。

 

 

弱気になってこんな記事を書いている訳では無い。。

寧ろ今の私は生きる自信により満ちていると思う。。

事実やるべきことが残っているし、既にマネジメントされているからだ。。

 

 

このブログを見て頂いていている、今闘病中の皆さんにも。。

辛い治療は続くものの、この苦難を乗り切った先には必ず光明が差すと信じています!

皆でもう一度、輝かしいスタートラインに並びましょう!!

 

 

何かシリアスな記事になりましたが、

アントニオ猪木張りに『元気ですかー!』の方が自分にはあってるのかな。。(*_*)

 

 

 

精巣の異常発覚~摘出まで そして『運命の告知』

break time Ⅰ 2016年6月泌尿器科退院までの時系列

https://ameblo.jp/syochu365/entry-12282676981.html

転院再入院~PETにより遠隔転移の発覚 そして『ステージⅣ』の告知

break time Ⅱ 2016年6月末までの時系列

https://ameblo.jp/syochu365/entry-12289162322.html

初めての『抗がん治療R-CHOP』と『骨髄注射』2クールまで

break time Ⅲ 2016年7月末までの時系列

https://ameblo.jp/syochu365/entry-12297409417.html

3クール終了と治療評価確認 『PET-CT』で造血幹細胞移植の行方は

break time Ⅳ 2016年8月末までの時系列

https://ameblo.jp/syochu365/entry-12308758613.html

闘病記は219に続きます。。。

土砂降りの週末 ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-219 ~

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です