少し趣向を変えてみました ~ 私的出張旅情 鹿児島編 ~

いつもたくさんのアクセス有難うございます。。

治療の励みになっておりますので良かったらポチッとお願いしますm(_ _ )m

 


がん・腫瘍ランキング0


悪性リンパ腫ランキング」

 

 

今日は朝思ったより体調は良くないな。。

お昼も食べたけど、無理してやっとだ(-。-;)

 

 

それとさっきロビーで余計なチラシを見てしまった;

 

 

地元のチェーン店だが、寿司の事忘れてたのに。。

 

 

 

闘病記やら何やら色んな記事を書きますが、体調も半日では大して変わらないので、

タイトル通り、お昼だけ少し趣向を変えてみる事にしました。。

 

 

サブタイトルは『私的出張旅情』

先に、おことわりしておきます!

決して重い病気をしたから、今のうちに思い出を綴ろうなどというネガな意味ではないので(笑)

 

 

私は1か月の出張日数が20日以上、ずっと転々のホテル暮らしを十数年間やってきた!

以前も紹介したが、立寄った所まで含めて、延べ46都道府県お邪魔した事がある。

行った事が無いのは都道府県でいえば『山形県』のみ。

 

 

折角なのでこの機会(どんな機会や;)全くの私的見解でご紹介してみたいと思うのだ。。

 

 

何故今?

理由は、先程読者登録させていただいたブロガーさんの趣味欄に『旅行好き』とあって、

ふと考えたら、私はこの十数年間、観光目的で地元を離れた事など数える程しかない。

また、旅行が好きでも今は闘病中でなかなか旅行までは出来ないと言う方もいるだろう。。

私が今まさにそうだ。。(x_x;)

折角あれほど出歩いたのに、勿体なかったなぁ。。と今頃になって後悔しているのだ(ノ_・。)

だから、写真とかを残していないのが残念だが、私的感想を踏まえ、この街はこんな感じに

見えたをお伝えできればと思う。(´0ノ`*)

でも殆どの都道府県詳細までは良く知らないところも多いので、悪しからずご了承をm(_ _ )m

 

 

最も、SNSがこれほど普及したのは最近なので、今なら少し事情が違ったかもしれないね;

 

 

では、出張旅情では無いが、御紹介がてら最も得意な地元からスタートしてみる。。

以降はそんなに長文を書ける自信が無いので、すみません;;;

 

 

 

偶然先日娘を家内が迎えに行った時に『いまここ!』のお知らせLINEで撮ったもの。

これが九州新幹線の最終駅である『鹿児島中央駅』

福岡博多駅より最短時間で1時間17分、福岡より車で高速移動して大凡3時間半。

繁華街は『天文館』エリア。この駅から距離にして1㎞程。

 

 

画像に見える『観覧車』が印象的だと思うが、つい先日あまりの暇さ(地元人はまず乗らない)からか、警備員が外鍵をかけ忘れ、ドアが開け閉め出来る状態で送り出してしまい、お客さんがドアを引っ張ったまま1周回してしまったと言う恥さらしな事故が全国ニュースになった;

 

 

観光地は霧島エリア、指宿エリアの温泉や活火山桜島など。屋久島は世界遺産。

離島も多くそれぞれ素晴らしいが、地元民は仕事で行く人を外せば『離島は行った事が無い』と言う方が意外と多い!

鹿児島弁=県外組は理解不能。離島の言葉=県本土の人でも理解不能。(私=わん?)

サーフィンなら種子島、釣りは甑島、ビーチなら与論島が綺麗。(鹿児島最南端なので、ここからは沖縄本島が見えている。)

 

 

食べ物は畜産県なので黒の名のついた『牛』『豚』、地鶏も宮崎に次いで有名。

※旅行する予定の方はコメ下さればいいお店も教えてあげられますm(_ _ )m

郷土料理は多数。『豚骨煮』『さつまあげ』『鶏飯』。。。。。。

旅行人は『豚しゃぶ』『とんかつ』を食べに行きたい方が多い様子。

ラーメンは久留米でも熊本でもなく独自文化で発達したらしい。

鹿児島ラーメンと呼ぶものでは、中太麺でスープは豚骨ベースで鶏ガラとのブレンドが殆ど。

 

お借りしました。有名店『豚トロラーメン』

 

ついでに『氷白熊』

天文館むじゃきという店が発祥で、上から見た時に白熊の顔をしている事からその名が付いた!

 

 

というか、鹿児島の事は当然の事ながら書ききれないくらいなので、

コアな情報が欲しい方はコメントをどうぞ!

知りうる限り何でもお答えします!

 

 

与論島、屋久島辺りが出てますね。。↓

 

 

 

 

おそらく他県の紹介は5行で終わるな(笑)

詳しいところは知ってる限り書きますね。。

くどいようですが私の私見、イメージで書いていきます。。

 

 

台風大丈夫か??

 

 

明日は本来の一回目、南から順に『沖縄編』を書きます。。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です