古き良き友人と ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-170 ~

いつもたくさんのアクセス有難うございます。。

治療の励みになっておりますので良かったらポチッとお願いしますm(_ _ )m

 


がん・腫瘍ランキング0


悪性リンパ腫ランキング

 

 

みーたん!しっぽがビーバーみたいやで(笑)

珍しいポーズだ(笑)

今日の所用は古い友人と会う事だった。。

もう何年の付き合いだろう。。

私が18歳からのお付き合いなので既に32年にもなる長いお付き合いだ。。(^_^;)

 

 

彼の歳は丁度干支一回り上になる62歳。

彼は顎にちょび髭をはやしてはいるが、干支が同じ『羊』だからと言って、お互いに

『めぇ~~』と言って挨拶をするわけではない(笑)

 

 

彼とは阿吽の呼吸というか、昔からそれぞれの人生の節目節目で出会う事になっている。

そういう縁のお付き合いだ。。

彼の苦しい時期は私がきっかけになり、私が苦しい時は彼がきっかけをくれた。。

彼が今営む『居酒屋』は私がきっかけで立ち上げたものだが、既に17年目を迎えると言う。

私は彼が愚痴を言う姿をおそらく一度きりしか記憶していない。。。

おそらくや彼が人生で一番辛い時期に、偶然にも私が5年ぶりに連絡をした時であるが。。

詳細は伏せるが、以降彼は以前に輪をかけてポジティブな人間になった。。

 

 

数年に1度しか会わない間柄だが、会いに行くとなれば察する様だ。。

 

 

『思ったより元気そうじゃないか;』

『見ての通りやで!』

『体調はどうなんや?』

『いや、先に香典でも集めようかって思ってな(笑);』

憎まれ口も含めいつ会っても全て昔の付き合いそのままだ(^_^;)

 

 

私が彼に言った。

『俺の人生にこの病気はセットやったんやろうね?』

 

 

彼はこう答える。

『当然そうやで。』

『だから受け止めにゃいかんよ。元々予定通りなんやから。』

『全部受け止めるから、その先の事も見えてくる。』

『そんなもん悩む時間こそ惜しいよ。。』

 

 

ほぼ自分の考えている通り、想定した通りの柔らかい言葉で帰って来る彼の言葉は、

実に温かくそして重く、力強いものである。。

 

 

私には悩みなどないので、将来的な色んなビジョンを語っている間に1時間が過ぎていた。。

人生の転機に置いて、彼と会うのはある意味『儀式』的なもので、私は今回ただ単純に背中を押して貰いに来ただけなのだった。。

そして期待通りの話が十分に出来た。。

 

 

彼の持つ独特な感性が昔から好きだったが、苦労した人間のみが語る教訓を身近に聞けるのは有難い事だ。。

 

 

往復2時間をかけて出向いたが、6月の名古屋同様、私にとって今、最も有意義で且つ必要な

1日だったな。。

 

 

ただ。。ひとつだけ苦言を。。

アイスコーヒー甘くて量多すぎるよ(汗;)

 

 

以上、『羊』の皮をかぶった『ヤギ』でした。。

『めぇ~~ッ』

 

 

疲れたが、残った電池で得意先様との会食に行ってきます。。σ(^_^;)

勿論無理はしませんm(_ _ )m

 

 

闘病記は171へ続きます。。。

再会の夜に ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-171 ~

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。