精巣摘出手術までの葛藤 ~ 精巣原発悪性リンパ腫闘病記-4 ~

本来の私の思惑はこうだった。。

 

 

4月の最終週に手術が受けられたら、仮に1週間程度の入院が長引いても最悪GWを回復時間に使える。。。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚この時期が一番ベスト。。

4月いっぱいで手術/退院まで出来るなら高額医療が単月で使えるし尚良し!ヘ(゚∀゚*)ノ

※高額医療の事はまた機会があったら別途書こうと思います(・ω・)b

 

 

しかし現実困ったことに手術は1か月以上先。。。

当ブログで前述しましたが、ここからが本当の葛藤の始まりでした。。

 

 

・精巣摘出手術の判断は正しかったのか?

・もし精巣腫瘍であればリンパ節の転移は大丈夫なのか?

※実はこのころには下腹部(まさにリンパ節のあたり)に鈍痛がありましたので余計に!

・何故か肥大が治まってきた気がする。。(気のせい?)そもそも病気では無いんじゃないか?

 

 

ホントに手術が必要だったのかなあ。。と考える日々もあって、他の人のブログを見たり、精巣腫瘍のガイドラインを調べて勉強したり、お風呂の度に自分で硬さや大きさを確認したり。。

 

 

自身で触り過ぎたせいもあるかも知れませんが、精巣・精索・陰嚢まで炎症してしまって痛みが出だし、痛み止めを貰わないと我慢できないレベルになりました(後に精巣腫瘍は外部から刺激を与えない方が良いと言われ反省( ̄_ ̄ i))

※この頃、ちっちゃい子供みたいに触んな!って家族にもめちゃ怒られる(棒)

 

 

このこともあって、予定にない受診の上痛み止めを貰おうとしたところ、リンパ節転移を心配した先生が、本来術後に実施するはずのCT検査を前倒し実施する事に( ;゚─゚)ゴクリ

 

 

結果は胸部/腹部CTに異常は無しとの診断。

造影剤を入れた上での検査ですので、ひとまず安心はしたものの、この時はまぢで精巣腫瘍とかでは無いんじゃないかと思ったりしてました。。

 

 

しかし、安心とは裏腹に精巣は徐々に肥大した感があり、炎症起こしたから腫れてるんだと思っていた左精巣は、ウズラ卵大から小ぶりの鶏の卵大まで大きくなってました(驚)

 

 

色々あったはあったんですが、幸か不幸か5月はGWを明けてからというもの、毎週のように仕事でのビッグイベントが続いており、何かと忙しくしていたのが時間の経過を手助けしてくれ、私も出来るだけ手術の事を忘れている事が出来たのは幸いでした。。

そうでなければ、良くも悪くも色んな事を考え悩んでいたでしょう。。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 

友人たちも気を利かせて入院前に飲みに誘ってくれたりして。。

やっぱり生涯の友達っていいもんですよ!

家族・友人たちにこの場を借りて。。いつも助けてくれて有難う((o(´∀`)o))

 

 

入院前、最後のビッグイベントが週末にかかり、土日サービス出社した翌日の月曜日、

いよいよ入院の日がやってきました。。

 

 

その5に続きます。。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です