初めての受診 ~精巣原発悪性リンパ腫闘病記-2~

会社に午前中だけの休暇をもらい、

行ってきたのは規模的には中堅どころの某総合病院。

ここは全国にある総合病院で、

受診した理由は2つ!

 

 

私の人間ドックによる検査記録が8年分ほどあるという事と、

血液検査を自院でやっているので当日その結果が解り、

診断が早いだろうという事でした。

 

 

受付を済ませ、

待合でしばらくすると看護師さんの問診?

から始まり検温。

この日なぜか微熱で37.3℃。。。

 

 

『風邪とかひかれてますか?』

 

『いえ いたって健康なつもりですが。。』

 

『もう一度測りましょうね』

 

 

結局、微熱があったものの、

自覚症状というか全く想定していない発熱で

本人もびっくりでした。

 

 

そして泌尿器科の先生による診察開始。

 

 

先ずは問診から。

 

 

『どうされました?』

 

『精巣が硬化してきて若干大きくなった気がするんですが。。』

 

『よくそんなに言って来られる方いるんですよねぇ。。

まあ大したことないと思うけど、

ちょっと見てみようか?

じゃ そこに横になって』

 

 

本当にこんな対応でした(苦笑)

 

そして触診。。

 

 

『ん?? こりゃあぁ。。 違うな。。

本体(精巣)だね。。いや左右全然違う。。

(看護師さんへ)ちょっとエコー開いてる?』

『血液検査とAFPマーカー!』

 

 

先生自身の予想と違ったのか、

そのままバタバタ超音波検査と採血へ。。(・・;)

※この時私の心境は、

やっぱり精巣腫瘍だったのかな。。と

初めて『癌』という病気を意識していました。。

診察室に戻ってもやはり清掃腫瘍の疑いがある事と、

そうであれば早目の摘出手術が必要

との先生の見解を説明。。

 

 

血液検査の結果が1時間程かかるとの事で

その辺りをうろうろ。。

 

そして1時間後。。

 

 

『エコーでは腫瘍は見られないねぇ。

(検査)技師はリンパ腫を疑ってるみたいだけど。』

『血液検査もマーカー正常だねぇ。。困っちゃったな。。』

『2週間後もう一回来てくれる?』

 

思わず苦笑いするしかない。

 

 

この時の結果(後から画像アップしますね)

 

 

AFP…2.85

HCGβ…この日測定せず

LDH…155

その他の炎症反応等も無しでした。。

 

 

精巣腫瘍に関するブログをよくご覧になっている方は

↑の検査内容や数値については熟知されていると思いますので

割愛させていただきました(。-人-。)

私も同じ精巣腫瘍を患われ、

ご自身またはご家族の闘病記を

公開された皆さんのブログで

大変勉強させていただきました。

このブログも今後の精巣腫瘍/悪性リンパ腫の方の症例サンプルに

なればとの思いで書いております。。

 

 

 

『何かの間違いか。。』

『でもこんなに硬いのが元に戻るとは思えない。。』

『でも大丈夫かも。。』

『2週間もこのままかよ。。

精巣腫瘍だったら転移が早いから

早期手術が必要なんじゃないの?』

 

 

この辺の葛藤は

何らかの重篤な病気を経験された方なら

ご理解いただけると思います。。

今はインターネットで

いくらでも予備知識が揃う時代です。

悪い先入観は仕方ありません。。

 

 

不安と葛藤しながらも、

仕事に集中して2週間が経ち

ようやく再診の日が来ました。。

 

 

そして今。。

この日が私の運命の分かれ目だったと考えています。。。

 

 

検温ではまたも微熱の37.0℃(今でも理由は解りません。。)

 

 

『どうされました。。』

 

この一言で私少しキレ気味。。

 

『いや 前回の診察で2週間後に来てくださいと言われたので。。』

 

『何か変化がありますか?』

 

『いや そのままで変わらないですね。。』

 

『あなたの場合は、

血液検査を見る限り特に問題もないし大丈夫でしょう。。』

 

 

このやり取りの時間は

2分とかかっていないでしょう。。

 

 

正直な感想は、

2週間後に再診を告げておいて、

ただ問診だけで再度血液検査や触診すらすることもなく

『問題ありません』と患者を帰すのは

医師としては如何なものでしょうか?

 

 

こちらも忙しい中、

午前中だけとはいえ仕事を休んでまで来てるんですから

職務怠慢を言われても仕方がないと思いますが、

これを読んでいる皆さんはどう思いますか?

 

 

この診断で私がもし先生の言う事を鵜吞みにして、

良いほうに解釈していたら。。

私の悪性リンパ腫は後には

全身に転移していたのかもしれません。。

高位精巣除去手術を終えた今ですら、

片方の精巣が無くなった事以外に

食欲低下や体重減少どころか、

何の変化も感じていないのが現実ですから。。

後述しますが、

最終的に私の病期については

術後約二週間を経て4期にまで進行していました。

 

 

納得出来ない私は医療検査機関に勤める友人に電話し、

自宅近くの泌尿器科を聞いてみることに。。

 

 

その③へ続きます

セカンドオピニオン ~精巣原発悪性リンパ腫闘病記-3~

http://syochu365.com/wp-admin/post.php?post=1234&action=edit

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です